ドラマセラピーインスティテュート

メンバー

  • HOME »
  • メンバー

JDTI メンバー

中野左知子 MA, RDT/BCT (JDTI代表、北米ドラマセラピー学会公認トレーナー)

1999年ロンドン大学演劇学部卒業。2004年CIISカリフォルニア統合学大学院のドラマセラピープログラムにて、Renee Emnahの元で、ドラマセラピーを学び、カウンセリング心理学修士号取得。2005年に帰国以降、様々な施設や団体で、虐待を受けた子供たち、心の病を抱えた方々、個人の成長を目指す方など、多様な目的に合わせたドラマセラピーを指導し、静岡ではメディアに何度も紹介される。

2005年から、静岡県立大学の心理カウンセラーとして勤務し、2019年まで同大学の心理スーパーバイザーを務める。その他、静岡県内の3つの大学で、ドラマセラピーを教える。2007年より、明光会安倍寮・安倍学園でドラマセラピープログラムを2016年まで担当。子どもから中高生、高齢者、知的障害のある大人の方へのドラマセラピーを行っていた。

更なる研究のため2010年末から2年弱ポーランドに滞在し、ロンドン時代にもっとも影響を受けた演劇家・グロトフスキの研究所でトレーニングを受ける傍ら、クラクフにある名門ヤギェウォ大学でドラマセラピーを教える。現在は、個人セッション、ワークショップなどで、全国でドラマセラピーを紹介している。
著書に「恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」「ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる」(じゃこめてい出版)、訳書に「声を自由に!歌うことで人生が豊かになる声のヨガ」(アーツコミュニケーションラボ )がある。

現在、NADTA(北米ドラマセラピー学会)のドラマセラピストの資格を、日本でも取れるようにプログラムを準備中。
HP  www.sachinakano.com

井口雅子 MA,RDT,CLS

2005年カンザス州立大学大学院演劇学科ドラマセラピー専攻にて修士号取得。小児病棟や高齢者施設でのドラマセラピーを経験したのち帰国し、小児病棟でのチャイルドライフ・プログラムや教育相談センターにおいて、児童、思春期児童、保護者、教員などの支援に携わる。また、ドラマセラピーを活かした専門職種の教育や研修にも携わる。

2012年に米・カリフォルニアに拠点を移した後は、自閉症スペクトラム児童への療育プログラム、高齢者施設でのドラマセラピー、家族支援センターにおける親支援プログラムなどに携わってきた。

日本クリエィティブ・アーツセラピー学会理事、アップコンセプト主宰。

根岸理恵 MA, RDT

槐那おみ MA  
大学卒業後、外資系企業の国際渉外部に勤務。その後20年以上にわたり自宅や小学校などで子供から大人までの英語指導に関わる。プライベートでは、長く表現活動(英語劇・朗読劇・一人芝居)にかかわり続けてきた経歴をもつ。

演劇には人の隠れている側面を無理なく表現できる力があるだけでなく、癒しの力があることに気づいたタイミングでドラマセラピーと出会い、ひじょうに大きな衝撃をうける。これこそが自分が求めていたものだと感じ、ドラマセラピーを深く学ぶことを決意。家族を日本において単身アメリカに渡る。

2016年、NYU大学院Steinhardt(教育学部)ドラマセラピー学科へ入学。ドラマセラピーのほか、心理カウンセリングや心理療法・芸術療法を広く学ぶ。
2018年、ドラマセラピー修士課程を終了し卒業。Master of Artsを取得。

NYでは普通学級だけでなく特別学級(自閉症児、ADHD、不安神経症、緘黙症や学習障害の子供達)や不登校児童へのドラマセラピーや、精神病からの回復を目指す成人に向けてのドラマセラピー、また認知症のお年寄りに向けてのドラマセラピーなども行ってきた経歴を持つ。

現在、Joy Laboratory TOKYO(ジョイラボラトリートウキョウ)を主宰し、個人セッションやワークショップ、講座、お母さんに向けてのドラマセラピーなどを東京を中心に展開中。また、世田谷区の不登校の子供達のためのフリースクールや心療内科のデイケアプログラムなども担当している。今後も子育て経験や教師としての経験を生かし、様々な場で活動を展開していきたいと考えている。

 

HP:Joy Laboratory TOKYO  http://www.joylabotokyo.com

 

道明ゆり子 MA

 


  • facebook
PAGETOP
Copyright © JDTI All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.