ドラマセラピー・インスティテュート オフィシャルウェブサイト

JDTI

 ドラマセラピー・インスティテュート(正式名・JDTI 日本ドラマセラピー研究所)は、
欧米において発展したドラマセラピーという心理療法を、日本の社会に合った形で紹介、普及させ、
北米ドラマセラピー協会(NADTA)の教育基準に沿った教育の機会を定着させていく目的で、
2005年4月に設立されました。

 ドラマセラピーは、欧米では、子どもから高齢者まで、治療としてだけでなく、
教育、福祉、司法の場において、また予防やコミュニティづくりの視点などからも用いられ、
その効果が認められています。日本においては、近年、「心のケア」という言葉が浸透し、
徐々に心理療法や芸術療法の必要性が高まっています。中でも、ドラマセラピーは、
誰もが本来持つ「自分を癒し、成長させ、変容していく」力を引き出すことができ、
そのニーズは今後増えていくであろうと思われます。

 ドラマセラピー・インスティテュートは、心理療法としてのドラマセラピーはもちろん、
この療法の可能性を広く社会に伝え、セルフケアや自己成長、学びのツールといった予防法としても
多くの方に役立てていただくため、実施者の教育、現場の開拓、情報の提供などに努めてまいります。

jdti-23-v2may


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.