ドラマセラピー・インスティテュート オフィシャルウェブサイト

ドラマセラピーフェスティバル2014

 

ドラマセラピーフェスティバル2014~BEYOND~

今年のテーマBeyondにふさわしく、DTフェスティバル2014チラシ

今よりもちょっと一歩進めそうな、
今いる場所よりちょっと向こうの世界が見えそうな、
自分の世界がちょっと広がりそうな、
そんなワークショップがたくさんです!

日時  2014年7月21日(月・祝)10:15~19:45(受付開始10時)
会場  芸能花伝舎(東京都新宿区西新宿6-12-30)
参加費 早割申込〔7/6(日)まで〕1日7000円/学生5000円
一般申込〔7/7(月)から〕1日8000円/学生6000円
※午前のみ4000円/午後のみ5000円/懇親会のみ1000円
定員  60名(先着順)
対象者 心理・医療・福祉・教育・コミュニティーその他の領域でドラマを活用している方、 ドラマを取り入れたい、ドラマの多様性に興味のある方など。

<プログラム>
10:00       受付&オープニング
10:15-12:00   オープニングワークショップ
【みずからとおのずから】~通過儀礼で自分を旅する
新海正彦(アウェアネスアート覚技KAKUGI主宰 ワークショップ/セミナー講師
13:00-15:00  WS1&2(WS1/WS2から1つ選択してください)
WS1 初めの一歩:「先にある私」を意識し、見つめ、関わりあう
根岸理恵(JDTIドラマセラピー・インスティテュート)
WS2 サイコドラマで自分の殻を破る
石川淳子(ひだクリニック臨床心理士)
15:15-17:15 WS3&4(WS3/WS4から1つ選択してください)
WS3 変化を受け止め乗り越えようとされる方々へ」のドラマワークショップ
黒田志保(俳優・演劇コミュニケーションWSファシリテーター)
WS4   Be who you are!~本当の自分らしく輝こう!~
呼吸・声・動きが融合したトーニングで、いまを喜びで生きる!
ホーリー斎藤祐子(トーニングセラピスト)
17:45-19:45  ドラマフェスティバル ~パフォーマンス&懇親会~
Performances by
プレイバックシアター∞和音♪
ホーリー斎藤祐子


 

オープニングWS
「みずからとおのずから」
新海 正彦【アウェアネスアート覚技KAKUGI】主宰 ワークショップ/セミナー講師

今回の「Beyond!」というタイトルから、ぽっとまず頭に浮かんだことばが「通過儀礼」でした。
象徴人類学では通過儀礼を「日常から非日常の世界に移ってまた日常に戻る。ただし以前の自分とは違う自分になって戻る」と解釈しています。今回はこの枠組みを利用して、【自らと自ずから】というテーマのワークを皆さんと楽しむつもりです。「行きて帰りし旅路」の体験を通して、自分と世界の関わりをとらえ直します。

「自らと自ずから」というのはぼくが大切にしている考えの一つです。自ら行動を起こすと自ずから必要な変化が起きてくるということですが、その自ずと起きる変化が、結局、「超える」という結果をもたらします。

あえていえば、ぼくたちは特別に何か超えようとしなくていい。変わろうとしなくていい。ただ自分と、自分を取り巻くまわりの状況に、広く静かに気づきさえすれば、自ずと世界は変わり始める。いつの間にか今までとは違う自分になってしまっている。「行きさえすれば、変化が始まる」それが「何かの限界を打ち破り」「現状を超える」ことにつながっていくはずだと思うのです。

当日のワークは感覚を総動員した非日常への旅となります。最後はお祭り騒ぎになっちゃうかもしれません(笑)。お楽しみにしてください!

WS1
初めの一歩:「先にある私」を意識し、見つめ、関わりあう

     根岸理恵(JDTIドラマセラピー・インスティテュート ドラマセラピスト)

今、皆さんはどんな状況に置かれていますか?

大きな目標に向かって突き進んでいる人、毎日の小さな目標を着実にこなしている人、また、特に目標はなく今の状態を保っている人。その中には様々な思いがあると思います。安定感、心地よさ、あるいは焦り、違和感、むずむず感。

今年のフェスティバルのテーマはBeyond。このワークショップでは、自分のさらなる先に何があるのか探索し、遠目から見てみたり、一緒に遊んでみたり、自分に取り入れて行く作業をしていきます。

今置かれている状況が三者三様でもあれば、自分のbeyondとの関わりや距離感も様々だと思います。一人一人の参加者が自分にとっての最初の一歩を踏めるように、ワークを進めていきます。

一緒に、初めのいーっぽ、踏んでみましょうー!

WS2
サイコドラマで自分の殻を破る

     石川淳子(ひだクリニック臨床心理士) 

体を使うことを抜きにして、育たないと言われています。心は、喜び、怒り、愛し、悲しむことで、、力が湧き、生きていることを感じます。でも、日常生活の中では、私たちは、愛も、怒りも、哀しみも、抑えがちではないでしょうか。

サイコドラマで、心と体を、たくさん使ってみませんか。サイコドラマでは、あなた自身の人生や生活の大切な場面を、ドラマにしていきます。その中で、見えてくるもの、気づくものがあり、beyond その 先に行けるといいなと思います。

とは言っても、サイコドラマの特徴は、playfulnessです。時間を超えて、空間を超えて、自分の殻を破り、遊びましょう。最近、遊び心をどこかに置き忘れている人、錆びついてるなと思っている人も、ぜひお越しください。

WS3
「変化を受け止め乗り越えようとされる方々へ」のドラマワークショップ
                黒田志保(男) 俳優・演劇コミュニケーションWSファシリテーター

「ドラマ(演劇)のワークショップ等が必要!!」と思う方は増えていると思います。ドラマ(演劇)のワークショップで得られる学びや体験に大きな価値が有ると思われるからでしょう。でも、ドラマ・WSや存在を知らない方、知っていても「自分には無縁・無用」と思われている方は、まだまだ多いのではないでしょうか!?

NHKドラマ『サイレントプア』で描かれたように、激変する日本の社会や経済状況の中で、その変化に戸惑い立ちすくむ方が大勢います。例えば、ニートひきこもりの若者達長期失業中の方等々。その方達が現状を乗り越えるために、私達ドラマに携わる者達もなにかお手伝いが出来る事があるかも知れません。ほんの少しドラマ(演劇)的な体験や考え方に触れるだけで、就労や生活に大きな変化を感じられる方が、沢山いらっしゃいます。

そこでWSファシリテーターには、最低限どの様なスキルや心遣いが求められるのでしょうか? 困難を1人で乗り越える意欲は出なくても、仲間がいれば共に手を携え乗り越えていく事が出来るかもしれません。WSの場を楽しく明るいものにしていくにはどの様な工夫がいるのでしょうか? 昨年に引き続きこのWSでは、私のこれまでの体験を通して感じた事を楽しくお伝え、共有したいと思います。「社会参加の夢をお手伝!!」同じ思いを持った仲間が一人でも多く増えますように!!

WS4
Be who you are! ~本当の自分らしく輝こう!~
呼吸・声・動きが融合したトーニングで、 今を喜びで生きる!

     ホーリー斎藤祐子 トーニングセラピスト、ジャーニー国際認定セラピスト

上手い下手ではなく、声を出しながら、気持ちよく動く。
自分らしく動く。
真実の自分と出逢う。
知らない間に身につけてきてしまった自分の壁(思い込みや制約、古い感情など)に
気づき、それをやさしく抱いて、自分の声で表現させてあげる。

人間の原初の3つの機能である”呼吸・声・動き”が融合したトーニングワークで、浄化・解放・癒し・ゆるし・変容を促します。 (*“トーニングとは、何かにトーン(調子)を合わせて声を出すこと”)

自分の真実と向き合い、それを感じ、表現することで、これまで見ようとしなかった本当の自分が立ち現れます。気づくことで、そこに眠る自分の壁を”Beyond”する(超える)チャンス/鍵が訪れるのです。

自分の内なる壁/闇を愛と光で抱くことで、長い間の葛藤は消え、真実の光が差し込めます。
滞ったエネルギーは溶けていき、自然とそこに変容がもたらされ、喜びの光が差し込める・・・
祝すべき錬金術的瞬間です。
新たな自分の誕生です。
神話でいう『岩戸開き』のプロセスです。
けれど、それはず〜〜っと昔から、いつもいつもあり続けた自分本来の光り輝く姿!

具体的には、
・天と地の光の呼吸法(Fujiトーラス呼吸法)で、安全な呼吸を設定
・トーニングワークで、壁に気づく
・それを受容し、感じ、表現/解放していく
・必要な気づき・癒しを受け取り、変容を促す
・愛と喜びに身をゆだね、満たされ、今を喜びで生きる!

ドラマフェスティバル パフォーマンス
プレイバックシアター∞和音♪

参加者のみなさまが語るストーリーによって、舞台に生命が吹き込まれ、話し手のさまざまな“想い”を形にする「プレイバックシアター」。それぞれが思い描く、フェスティバルのテーマ「Byond」を再現ドラマの形にして、分かち合います。これまで積み重ねてきた経験やフェスティバル当日に互いに学び合った多くのことを踏まえて、胸に秘めた熱い想いと具体的なビジョンを、ぜひ語ってください!!「この時・この場所」でしか体感できないエネルギシュで深みのあるステージをお楽しみください。

プレイバックシアター∞和音♪


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.