ドラマセラピーフェスティバル2015 ワークショップ講師&パフォーマンスを募集します。

6137200121_738cf877a5_z

8月30日に、ドラマセラピーフェスティバル2015を開催します。
8回目を迎える今年のテーマは「つながり」です。

つながりには、ふたつの意味をこめています。

ひとつは、ドラマのワークそのものが持つ、人と人をつなげる力
そしてもうひとつは、私たちドラマに携わる人たちとのつながり

ドラマという芸術の魅力は、人と人をつなぎ、場を育てることにあります。
その自由で安心できる場があるからこそ、人はさらに自分らしさを表現できるようになります。
実際、多くのドラマワーカーの方は、コミュニケーションを見つめ直すことや、
集団における新たな自分を発見することをテーマにセッションをすることが多いと思います。
社会の縮図ともいえる、ドラマという架空の世界で、自己を探求できることは、
多くの人にとって素晴らしい経験でしょう。

大きな可能性を秘めたドラマワークを、もっと社会に広げていくためにも、
ドラマを実践する仲間たちとのつながりは、より重要なことだと考えます。
ドラマセラピー・フェスティバルは、「ネットワークづくり」も、目的としています。
お互いから学び合い、支え合うことができれば、ドラマというフィールドがもっと活性化するはずです。

今回のフェスティバルが、ドラマ人同士のつながりを育て、
日本におけるドラマセラピーやドラマワークの発展につながる機会になれば幸いです。

つきましては、このテーマでのワークショップ提供者、および懇親会時のパフォーマンス提供者を募集いたします。
ドラマセラピーやドラマワークをだけでなく、身体表現、アートやダンスなど、
様々なワークを分かち合っていただきたいと思います。

多くの方からのご応募を心よりお待ちしております。


☆☆ 募集概要 ☆☆

『ドラマセラピーフェスティバル2015 ~つながり~』

日時 2013年8月30日(日) 10時~20時 (仮)
会場 芸能花伝舎(東京都新宿区西新宿6丁目12-30)

プログラム(仮)
〇午前の部  全体会
〇午後の部  ワークショップ形式での分科会(提供者募集)
〇夜の部   懇親会(パフォーマンス募集)

1.ワークショップ提供者の募集
心理、福祉、医療、教育、産業などの分野、また異文化理解、コミュニティワーク、
劇創作などで実践されているドラマワーク、身体表現、クリエイティブアーツなどを、
ワークショップ形式で紹介してくださる方を募集します。

今年度は「つながり」というテーマに関わる企画をお願いいたします。
ワークショップは1コマ2時間、参加者は最大30名程を予定しております。
応募される方は、ワークショップの内容を400字から600字程度にまとめ、提供者の経歴と所属を添え、
JDTI事務局info@jdti.org)までお申し込み下さい。

2、パフォーマンスの募集
懇親会の中で、パフォーマンスを提供してくださる方・団体を募集します。
参加者との交流を含んだパフォーマンス、今回のテーマにあったパフォーマンスでの参加を原則としますが、
形態や内容など、お気軽にご相談ください。
応募される方・団体は、パフォーマンスの内容を400字程度にまとめ、責任者の経歴と所属、
団体の場合その他参加メンバーの氏名を添え、
JDTI事務局info@jdti.org)までお申し込み下さい。

締切 2015年6月15日(月)

質問などございましたら、お気軽にお問合せください。
JDTI事務局 info@jdti.org


ドラマセラピーフェスティバルは、ドラマという共通点を持つ様々な分野の方々との交流やネットワーク構築の場、またドラマを多面的に学ぶ機会となることを願い、2008年から開催されています。
「ドラマセラピーフェスティバル」と銘打ってはおりますが、「ドラマを讃える」気持ちを共通項に、心理、福祉、医療、教育、コミュニティ、その他さまざまな分野で、ドラマ、身体表現、ダンスやクリエイティブアーツを活用されている方々や、そういったワークに興味をお持ちの方々に広くご参加いただき、それぞれのワークを紹介し合える場にしたいと思っております。

皆様のご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。