NYで活躍しているカーリーン・マッコーバーが6月に来日! 

カーリーン11年に渡り、祖国イスラエルを始め、アフリカ、NYでサイコドラマ&ドラマセラピーを行ってきたクリニッシャンです。

今年の6月、槐 那おみ(さいかちなおみ)と組んで1日ワークショップと2日間ワークショップを東京で開催いたします。

 

*1日ワークショップ 6/23 (日)

「自己受容と再生のサイコドラマ:恥の意識からの解放」

 

私たち日本人の中に、昔から根付いている意識の一つとして「Shame(恥)に対しての怖れ」というものが挙げられると思います。

現代の社会においても「そんなことをしたら顔を失う」とか、「面目丸潰れ」など、恥にまつわるタブー意識や嫌悪感が根強く残っており、人々の潜在意識を支配していたりしますね。

社会から疎外されるのでは?といった怖れや、家族や周りの人間に与えるインパクトへの怖れから、過去の自分をずっと許せなかったり、自分自身を追い込んでしまったり、心の傷を持ち続けている人も多くいます。

このワークショップでは、1日かけて「恥」という意識を手放し、「自己受容」と「自分へのゆるし&解放」に向かって取り組んでいきます。

主にサイコドラマの手法を使っていきますが、他の芸術療法のアプローチも交えて進んでいきます。

 

♦日時:6/23(日曜日) 10時〜17時

 

♦場所:東京都世田谷区 千歳船橋のスタジオ

(お申し込みの方に個別にご案内いたします。)

 

♦募集人数:10名

 

♦参加費用 :早期割引 15,000円(4/30まで)

       通常価格 17,000円(5/1〜)

 

詳細:https://www.joylabotokyo.com/6月スペシャル-ワークショップ/

        https://ameblo.jp/naomi-joy/entry-12441327264.html

 

♦お申し込み・お問い合わせ:joylaboratory4u@gmail.com

 

 

*2日間ワークショップ 6/29(土曜日)&30(日曜日)

「自分の中に存在するインナーチャイルド」

 

インナーチャイルドとは、自分の心の奥にいる「内なる子ども」のです。

自分の中にある純粋さや繊細さでもあり、幼い頃に傷ついてしまった心の傷や満たされず抑圧された感情であったりします。

ふだんは潜在意識下にあるので、自覚している人は少ないかもしれません。

しかし、私たちが持っている「善悪の意識」「怖れ」「自分や他者へのジャッジ」などは、このインナーチャイルドが関係していることが多いのです。

このワークショップでは自分の中にあるインナーチャイルドと出会い、対話していきます。

そして、インナーチャイルドを心の傷としてではなく、より自分の人生をポジティブに生きていくためのパワフルなものとしてプロセスを追って変化させていきます。

インナーチャイルドを受容し、自分と統合したとき、自分にとって最強の味方となってくれるのです。

サイコドラマ、ドラマセラピー芸術療法といった手法を通じて、2日間かけて、じっくりと進んでいきます。

 

 

日時:6/29(土曜日)& 6/30 (日曜日)10時〜16時半

 

場所:東京都世田谷区 千歳船橋のスタジオ

(お申し込みの方に個別にご案内いたします。)

 

♦募集人数 : 12名

 

 ♦参加費用:早期割引  25,000円(4/30まで)

       通常価格 27,000円(5/1〜)

 

詳細:https://www.joylabotokyo.com/6月スペシャル-ワークショップ/

        https://ameblo.jp/naomi-joy/entry-12441327264.html

 

♦お申し込み・お問い合わせ:joylaboratory4u@gmail.com